故障した給湯器は専門業者に見てもらうのが得策

故障した給湯器は専門業者に見てもらうのが得策

給湯器

初期症状

給湯器は自分から故障したとは言わないので、普段よりもお湯の温度が低かったり、追い炊き機能のボタンを押しても温度が変わらなかったりした場合は、交換時期となっています。これを目安にしておくと簡単に見抜くことができるでしょう。

すぐに取り換えを

お湯が温くならなくなったのは故障ではなく、たまたまだと思ってそのままにしておくと、給湯器からボンッという音が鳴ったり、黒い煙がでるようになったりします。それを放置していると火災の原因にもなり兼ねないので、早期に対処するべきです。

自己解決しない

自分で何とかしようと給湯器を弄っていると思わぬ怪我をしてしまう恐れがあります。ですので、いくら機械に強いからといっても、操作や分解をしてはなりません。また、保証が付いているのなら取り付けてくれた業者に質問しておくべきです。

業者を探すには

専門業者を探すには様々な手段があります。例えば、インターネットを活用することによって、簡単に見つけることが可能となっています。また、知人に紹介してもらうことによって、質の良い業者を見つけることができるでしょう。

トラブル時に問い合わせる際に押さえておくべきポイント

メーカーが違っても大丈夫

製造会社が異なったとしても、条件によっては交換をすることは可能となっています。ですので、まずは電話やメール、ファックスで問い合わせてみると良いでしょう。また、給湯器についている品番を伝えるとスムーズです。

24時間相談OK

給湯器はいつ故障するか分からないので、年中無休で依頼を受け付けている業者が最適と言えるでしょう。そうすれば、深夜しか手の空いていない方でもすぐに依頼をすることが可能となっているのです。

全国に会社がある

日本といっても47都道府県もあるので、その地域に根差していなければ交換をしてもらうことはできません。ですので、どのエリアが対象となっているのか見ておくと良いでしょう。

広告募集中